2019年 2月 の投稿一覧

【トピックス】土地探しのポイント

こんにちは、ビビットホームの北村です。

 

先日、弊社のホームページに「来年の春に家を完成させるためには、いつ頃から動いたらいいだろうか。」とお客様からお問い合わせをいただきました。

こちらのお客様の場合、既に土地は確保されているということでしたので、弊社と出会ってから半年ぐらいで着工という運びとなりましたが、土地を探すところからになりますと、やはり一年以上かかります。

家を建てるにあたって重要になるのは、まずは〔掛かる費用・予算〕もちろんお金ですが、同じように大切なのが〔土地探し〕です。

家を建てるその土地が、お子様の故郷にもなります。

 

本日は、その土地探しのポイントについて、簡単にまとめたいと思います。

 

どんなところで暮らしていきたいか

家を建てる土地を選ぶということは、これからの暮らしの環境を選ぶということです。

「今の家から近いところが良い」「実家の近くが良い」等ある程度希望のエリアが決まっている方も、「予算の範囲内で納得できる広さがあれば」と特別エリアにこだわりがない方も、ご自身のライフスタイルやお望みをしっかりと確認した上で土地探しを行なうことがポイントとなります。

ご自身やご家族様の生活に合った土地探しをするために住環境としてチェックしておきたい項目としては、主に以下のことが挙げられます。

◉その土地がある街の雰囲気

◉最寄り駅などへの交通アクセス・その利便性と安全性

◉その土地付近の公共施設

●病院

●銀行・郵便局

●市役所や町役場など自治体施設

◉その土地付近の学校と校区

◉その土地付近の買い物施設

これらについては、異動による職場の変更・お子様の進学など、関連する将来的なビジョンまでイメージすることが大切になります。

街の再開発計画などで今後発展し、暮らしやすさが高まるといったこともあります。

将来的な住環境も考慮しておくことで、後々後悔に繋がるリスクを格段に減らすことができると思います。

また、地震などの天災を考えると、その土地の地盤の状況といった環境も気にされる方は多いかもしれません。

先日のブログでもお伝えしたことになりますが、弊社では、地盤調査から地盤改良工事はもちろん、建物に関しても独自に第三者の検査機関へ依頼し、法律で定められているものと並行して、より詳しく検査を行なっております。

その土地の環境を事前に確認し、少しでも安全性を高めるために努力をしておくことが重要だと考えます。

 

具体的な土地探し

具体的な土地探しの方法としましては、不動産仲介業者へ依頼するのが一般的とされておりますが、ビビットホームでは、「周りの環境から色々な状況に合わせながらの土地探し」のお手伝いもさせていただいております。

住宅ローンなどのご相談と併せて、土地探しにつきましても、ご気軽にお声掛けください。

土地探しにつきましては、価格・広さと形状・住環境や暮らしやすさなど、すべての希望に合った土地というのは中々見つけるのが難しいものです。

予め求める条件の優先順位を決めておくことで、できるだけ理想に近い納得の土地探しを一緒に行なうことができるよう、じっくりとお話させていただきます。

お客様から資料請求をいただいた際にお渡ししている冊子類の中には、『「住宅の土地探し」がよくわかる本』土地探しについての資料もご用意しております。

ご希望の方は、下記のお電話又はホームページよりお問い合わせ・ご請求ください。

安全な家づくり「『カッコいい』を極めた男前な家」安八郡神戸町 T様邸

こんにちは、ビビットホームの北村です。

 

 

先日、北海道にて発生した最大震度6弱を観測する地震。

この季節は、特に雪崩なども心配になります。

 

現地の方々には、くれぐれもご無理はなさらず、ご自愛いただきたく想います。

 

 

先の20日(水)のこと、安八郡神戸町の「外観から内装インテリア・暮らし方まで『カッコいい』を極めた男前な家」T様邸にて、朝から『住宅瑕疵担保責任保険(まもり住まい)』の第一回目の検査を行ないました。

法律で定められている検査としましては、以下のとおり合計三回を行なうこととなっております。

●配筋検査

●耐震金物検査

●防水検査

弊社では、これらの検査と同時並行して、独自に第三者の検査機関へ依頼し、以下のとおり更に詳しい検査を含めた合計六回の検査を行なっております。

○図面検査

●配筋検査

○土台検査

●耐震金物検査

●防水検査

○完了検査

当日いらしていた住宅瑕疵担保責任保険(まもり住まい)の検査官の先生は、偶然にも昔から顔馴染みの方でした。

「北村さん、久しぶり。ところで、あの方達は誰?」と、第三者検査機関の方々を見て尋ねられました。

「弊社が独自にお願いしている検査機関の先生方です。」とお答えしたところ、「それは、お客さんにとっても良いことやね。」とお墨付きをいただきました。

〔お客様にとって良いこと〕なのはもちろんですが、〔我々つくり手側にとっても大事なこと〕だと考えます。

ベテランの職人ほど持ってしまいがちな「昔からこのやり方をやってきた」という固定概念をなくし、頻繁に変わる法律に対応するため。

某上場会社のアパートの件を他山の石として、きちんと図面どおり施工されているのか確認するため。

そして何より人間ですから、小さなミスなどがないかチェックしてもらうため。

こうした検査は、〔家づくり工程の中でも重要なプロセス〕と位置付けております。

 

地震などの天災と住宅・家づくりは、密接に関わるものです。

こうして前もって安全性を十分に確認しておくこと・高める努力をしておくことが、有事の際少しでも〔暮らす方々の安心〕へと繋がりますように、我々も強い意識を持って家づくりを行なってまいりたいと想います。

安全な地盤づくり「『カッコいい』を極めた男前な家」安八郡神戸町 T様邸

こんにちは、ビビットホームの北村です。

 

2月に入り、立春も迎えて数日の今日この頃。

まだまだ寒い日は多いですが、所々で梅の開花が見られたり、少しずつ春の始まりを感じられることが増えてまいりました。

季節の変わり目で大きくなる寒暖の差により、体調等崩されることのないように。

皆様、お気を付けてお過ごしください。

 

安八郡神戸町の「外観から内装インテリア・暮らし方まで『カッコいい』を極めた男前な家」T様邸では、先週から『柱状改良工法』による地盤改良工事が始まりました。

『柱状改良工法』は、セメントの柱を基礎下に打設し地中から建物を支える形の深層地盤改良工法で、最も一般的とされている地盤改良になります。

振動規制法及び騒音規制法の基準に適合した無振動・低騒音工法であることも、ご近所の方々への配慮という点では大切なメリットと言えます。

 

こちらのT様は、昨年9月15日(土)・16日(日)に不破郡垂井町「景観と調和するインナーガレージの住まい」I様邸にて開催いたしました完成見学会へとお越しいただいたことが始まりとなったお客様です。

それ以前もその後も色々なところの見学会へと行かれて、最終的に弊社に決めていただきましたことは、大変嬉しく感謝の気持ちと共に、心を尽くして精一杯家づくりのお手伝いをしたいと思っております。

その際、T様が弊社の完成見学会のイベント情報をどちらでお知りになったかといえば、弊社がInstagramに出した【見学会のお知らせ】とのことでした。

今後もイベント情報をはじめ様々な内容の発信をしていくことで、これから出会うお客様の家づくりにおきまして、少しでもお役に立てるよう努めたいと思います。

 

ビビットホームproduced byアクティス株式会社のInstagramアカウントでは、少しずつの更新ではありますが、施工事例などご紹介させていただいております。

宜しければ、そちらも家づくりの参考としてご覧いただければ幸いです。

<ビビットホームproduced byアクティス株式会社のInstagramアカウントはこちら>

@vividhome_actis

⇒https://www.instagram.com/vividhome_actis/

Top